中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 国際水中ロボット競技会で中国代表が優勝

国際水中ロボット競技会で中国代表が優勝

2018-08-08

 遥か海の彼方から朗報が伝わった。米国時間5日、7日間にわたり行われていた第21回国際水中ロボット競技会(RoboSub)が、米サンディエゴで閉幕した。中国唯一の参加チームであるハルビン工程大学E唯代表チームが優勝し、同大会の21年の歴史において米国とカナダに続き優勝を手にした3番目の国となった。科技日報が伝えた。
 
  情報によると、国際無人システム連合会と米海軍装備品研究院が共催するRoboSubは、業界が公認する水中ロボット分野の最高ランクの大会で、水中ロボットの「W杯」と呼ばれている。本大会のテーマは水中ギャンブルで、ロボットは水中でコインを投入し出発し、自主巡回し、サイコロの目を読み、魚雷を発射し、マーカーを投擲し、目標物をつかみ、音響で測位し、規定エリアで浮上していく。ハルビン工程大学E唯代表チームは自主ゲート通過、指定目標物への攻撃、ランダム音源任務、色識別によるマーカー投擲、規定エリアでの浮上、ボールのキャッチ・投入といった全ての任務で優秀な成績を収め、2位以下に大差をつけ決勝に進出し、最終的にチャンピオンの座を手にした。(編集YF)
 
 「人民網日本語版」2018年8月7日
 
 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号