中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 写真ニュース > 中部地区のロボット規模化生産モデル基地を構築

中部地区のロボット規模化生産モデル基地を構築

省知事許達哲が着工儀式に出席。

許達哲が現場でロボットとインターアクションする。

  11月15日午前、湘潭新松ロボット産業園プロジェクトが湘潭ハイテク区で建設を起動し、中部地区のロボット規模化生産モデル基地を構築する。省知事許達哲がプロジェクトの着工を発表した。

   産業園プロジェクトは敷地が3240ムーで、3期に分けて建設されて、総投資120億元。ロボット産業、金融産業、文化産業、観光産業と生活サービス機能を創造的に統合し、五位一体の生態型インテリジェント製造の特色の町を構築する。完工後のロボット産業園は長株潭地区を放射して、ロボットと知能製造全産業チェーンの集結を形成して、ロボット産業の年生産高100億元を実現する見込みだ。

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号