中文 English Français 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 中国の遺伝資源保存量が世界2位に

中国の遺伝資源保存量が世界2位に

2021-01-14

  遺伝資源は農業オリジナルイノベーションの物的基礎で、国の食糧安全保障の戦略的資源だ。優良な遺伝資源は種子産業の「チップ」だ。中国農業科学院が12日に発表した情報によると、中国は第13次五カ年計画期間(2016−20年)に遺伝資源保護・利用体制の構築を加速した。1つの長期バンク、1つの予備バンク、10の中期バンク、43の遺伝畑、205の原生環境保護スポット、及び遺伝資源情報センターからなる国家作物遺伝資源保護体制を建設した。農業農村部(省)作物遺伝資源保護・利用センターを設立した。遺伝資源総保存量は52万点を上回り、世界2位になった。また、新国家作物遺伝資源バンクは今年完成し、使用が始まる予定。150万点の遺伝資源を保存でき、中国の遺伝資源保護能力を大幅に高める。新華社が伝えた。(編集YF)

  「人民網日本語版」2021年1月13日

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。お問い合わせ及び掲載情報に関するご質問は

Tel: 86-731-88664060    E-mail: enghunan@126.com

までご連絡お願いします。   登録番号:湘ICP备05000618号    お問い合わせ先