中文 English Français 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 貿易・外資安定化に向け、中国政府がさらに4つの方針を示す

貿易・外資安定化に向け、中国政府がさらに4つの方針を示す

2020-07-31

  貿易・外資安定化を「六穏(就業、金融、貿易、外資、投資、マインドの安定)」活動の重要内容とする。29日に開かれた中国の国務院常務会議は、輸出信用保険、越境EC、サービス貿易などの角度から、貿易・外資安定をさらに促進する4つの方針を示した。

 会議は、貿易会社のリスク対応能力の強化を支持するとした。企業の受注減などの際立った問題に焦点を絞り、効果的な措置を打ち出し市場開拓及び受注増を支持する。輸出信用保険を活用し輸出前に注文が取り消されるリスクを積極的に保障する。「信用保険+担保」を広め、貿易会社の資金調達に信用拡大サポートを提供する。

 会議は、中西部及び東北地区が優位性を発揮し、労働集約型貿易産業を受け入れることを奨励すると指摘した。越境EC、海外倉庫、貿易総合サービス企業などの新業態の発展を支持し、市場調達貿易方法の試行を拡大し、中小・零細企業の輸出をけん引する。

 会議は、外資導入の政策環境の改善を要請した。重点外資プロジェクトを同等に扱い、土地使用などの保障を拡大する。外資ハイテク企業の認定の利便性を高める。再貸付・再割引特別割り当て、輸出入銀行新規貸付規模などで同等に外資系企業を支持する。

 会議はさらに、サービス貿易の革新的な発展の試行の掘り下げを決定した。地域発展戦略と結びつけ、サービス貿易の革新的な発展の試行を全国21省の一部地域に拡大する。開放分野の拡大、利便性の向上をめぐり改革を模索する。越境ビジネス医療保険、国内外共同教育、技術輸出入経営者資格範囲の拡大、常態化感染対策を行った上での観光・スポーツ国際協力の強化などにより、高水準の対外開放を促進する。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年7月30日

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号