中文 English Français 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 世界の繁栄指数で中国が25位アップ

世界の繁栄指数で中国が25位アップ

2020-01-17

   英国のシンクタンク・レガタム研究所は10日、2019年繁栄指数を発表し、世界167の国・地域の繁栄程度について数値化して評価した。環球網が伝えた。 


   同指数は世界167の国・地域に対して分析を行い、安全保障、個人の自由、ガバナンス、社会資本、投資環境、企業条件、経済の質、市場参入・インフラ、生活条件、健康、教育、自然環境など12のカテゴリー別に評価している。2019年の順位でトップ10に入ったのは順に、デンマーク、ノルウェー、スイス、スウェーデン、フィンランド、オランダ、ニュージーランド、ドイツ、ルクセンブルク、アイスランドだった。米国は世界で18位、日本は19位だった。中国大陸部は2018年の世界82位から57位になり、順位を一気に25も上げた。


   18位となった米国は、2009年以降、経済の繁栄程度が下がった19ヶ国のうちの一つとなっている。これは主に、精神的・身体的な健康状況の悪化と肥満率の上昇(5%上がり、総人口の36%に達した)により、米国人の健康状況が悪化したことによる。住宅供給の減少も生活条件の低下を招いた。 


   中国の順位が57位まで上がったのは、企業環境と住民生活条件の改善によるところが大きい。絶対的な貧困人口の割合が大幅に下がり、2009年の19%から現在では1%足らずまで下がった。また、10年前と比べると、中国に最大の進歩がみられたのは社会資本の面だった。(編集AK) 


  「人民網日本語版」2020年1月14日

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号