中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 省内ニュース > 湖南省張家界のガラス橋を無人運転バスが走行に初挑戦

湖南省張家界のガラス橋を無人運転バスが走行に初挑戦

2019-05-01

  湖南省張家界大峡谷景勝地では4月24日、無人運転バスがガラス橋の上をゆっくりと走行し、中国の「バスを浮かせた第一人者」であるマジシャンの談蘇陽が人体浮遊マジックショーを披露した。この日、同景勝地では、無人運転バスで高山峡谷のガラス橋の走行に挑戦するイベントが行われ、重さ5.5トンの無人運転バスが全長430メートル、幅6メートル、橋から谷底までの垂直落差300メートルの全透明ガラス橋を無事に通過した。これをうけ、ちかく中国国内観光地で初の無人運転バスの運行がスタートすることになるという。(編集TG)
 
「人民網日本語版」2019年4月25日
 
 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号