中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 省内ニュース > 百度の自動運転車、下半期に湖南省で試験運営を開始

百度の自動運転車、下半期に湖南省で試験運営を開始

2019-03-07

  全国政協委員、百度創業者の李彦宏氏は3日午後、人民大会堂で取材に対して、「新たな科学技術革命と産業変革の重要な駆動力としての人工知能(AI)は、すでに国家戦略に格上げされている。中国のAIの発展水準は、世界でも1、2位を争うトップレベルに達している」と述べた。また李氏は、「百度AI産業の重要な一環として、同社は今年下半期に湖南省長沙市で商業化試験運営を開始する予定だ。人々は長沙市で自動運転車を体験することができる」と明らかにしている。科技日報が伝えた。
 
 李氏は5G時代の到来について、5Gは百度を含むIT企業にとってメリットがあると述べた。「大きな技術アップグレードがあるたび、ブロードバンドの速度がさらに上がり、さらに安くなり、インターネットでできることが増える」。李氏によると、今年の3つの提案はいずれもAIと関連している。まずはスマート交通ソリューションの構築で、一般人の移動をよりスムーズにする。次に電子カルテ管理制度の改善で、スマート医療応用の模索を促進し、「健康中国」戦略の実施を促す。それからAI倫理研究の強化で、スマート社会の発展の礎を築く。李氏は5年連続でAI関連の提案を行うことになる。李氏は、「百度自動運転車プロジェクトは非常にスムーズに進んでいる。今年下半期には湖南省長沙市で商業化運営を試験的に開始する」と述べた。(編集YF)
 
  「人民網日本語版」2019年3月4日
 
 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号