中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 省内ニュース > ハイブリッド稲は世界の食糧安全に貢献

ハイブリッド稲は世界の食糧安全に貢献

2018-11-01

  ハイブリッド稲は「外国へ」に成功し、世界の食糧安全に貢献する。湖南省政府ニュース弁公室が10月22日に行った記者会見で、省農業委員会総農芸師唐建初は記者の質問への回答で、国連食糧農業組織がハイブリッド稲を発展途上国の食糧不足問題を解決する最優先選択技術としていると報告した。
 
  紹介によると、現在世界で40カ国・地域はハイブリッド稲技術を利用して、ハイブリッド稲を研究し栽培している。ベトナム、インド、ミャンマー、フィリピン、パキスタン、マダガスカルなどの国で水稲の商業化生産を実現している。

  国外ハイブリッド稲の年の栽培面積はすでに700万ヘクタールに達しており、現地の水稲より20 %以上増産している。湖南省はアフリカのナイジェリア、エジプト、ギニア、モザンビーク、リベリア、セネガル、マダガスカルなど16カ国で雑交の試栽培に成功した。

  記事出処:湖南省政府中国語ポータルサイト

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号