中文 English Français 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 湖北省博物館で市民が5G応用を体験

湖北省博物館で市民が5G応用を体験

2019-09-06

  鐘錘を持って振る動作をすると、専門の感知装置を通じて、LEDディスプレイに表示された編鐘がその動きと共に揺れ動き、音を発する曽侯乙編鐘のホログラム展示(撮影・王政)。
 
  湖北省博物館と中国移動(チャイナ・モバイル)湖北公司が共同で制作した5G応用展示「5Gスマート博物館」が5日、正式に公開された。今回発表された「5Gスマート博物館」は、曽侯乙編鐘の実物を使って制作されたホログラム展示で、世界軍人運動会の会期中に一般公開される。
 
  体験エリアでは、来館者が鐘錘を持って振る動作をすると、専門の感知装置を通じて、LEDディスプレイに表示された編鐘がその動きと共に揺れ動き、音を発する。VRインタラクティブ体験エリアでは、VRゴーグルを着用しVR端末を手に持つことで、文化財をさらに身近に感じる体験ができる。
 
  情報によると、湖北省博物館と湖北移動は2018年11月、「5Gスマート博物館」の制作を開始した。同博物館はすでに5Gネットワークのフルカバーを実現しており、一連の5G応用の段階的な成果を発表している。中国新聞網が伝えた。(編集YF)
 
「人民網日本語版」2019年9月6日 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号