中文 English Français 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 教員の給与が全国19大業界で7位にアップ 教育部が発表

教員の給与が全国19大業界で7位にアップ 教育部が発表

2019-09-06

  中国教育部(省)は 3日午前、教員チーム構築状況について記者会見を開いた。記者会見での説明によると、教員の給与は1980年代以前には国民経済各業界で下から3番目だったが、現在は全国19大業界のうち7位まで順位が上がった。中国新聞網が伝えた。
 
記者会見で行われた説明によると、現在全国の各ランク・カテゴリーの専任教員は1673万8300人で、1985年の931万9千人から79%増加した。学歴では、1985年と比べ、大卒以上の学歴を持つ小学校教員、中学校教員の比率がそれぞれ61.59%、80.59%増えた。
 
教員の地位・待遇がさらに「尊重され、注目される」ようにするため、現在、教員給与待遇保障制度の実施が進んでいる。教員の給与は1980年代以前の国民経済各業界で下から3番目だったが、現在では全国19大業界で7位に順位を上げている。(編集AK)
 
  「人民網日本語版」2019年9月4日
 
 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号