中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 現代の小・中学生、視野の広い子供時代

現代の小・中学生、視野の広い子供時代

2019-06-03

 毎年6月1日の子供の日に、学校は各種のテーマ行事を行って小・中学生のこの特殊な日を祝う。北京市在住の12歳少女の彤彤さんは2年生の時の子供の日を今でもはっきりと覚えている。彼女は同級生とともに同じ服を着て、学校の菅楽団の伴奏に合わせて初めて赤いネッカチーフをつけた少年先鋒隊になった。
 
 子供の日に子供にプレゼントを用意することも保護者の課題になりつつある。彤彤さんたち世代の子供たちはおもちゃに溢れる年代を生き、彼女たちは生まれた時から各種の知識、トレーニング、知恵を学べるおもちゃに囲まれている。中でも、ECサイトの発達により、玩具ブランドと種類の選択肢も増え、選択に迷う保護者も多い。
 
 幸い、社会全体の知識の向上と図書市場の急成長に伴い、子供の読書がかつてないほど重視されている。子供の日に本を一式プレゼントすることは簡単で賢い選択であり、保護者は子供たちの物質生活のニーズを満たし、精神面の成長にも喜びを感じる。また、読書スタイルも絶えず変化している。Kindleやi Padなどの電子機器は重要な読書媒介となり、子供達は各種のルートを通じて国内だけでなく世界の名作をすぐに読み、世界最前線の知識と科学技術をリンクさせ、視野を広げることができる。
 
 そのほか、「万巻の書を読み、万里の道をいく」と言うように、最近は学校と保護者が教育と遊学を結びつけ、子供に外で学ばせて実戦から学び、経験させている。彤彤さんは小学校卒業前に学校が主催した遊学活動を印象深く覚えている。教師に連れられて学生らは高速鉄道で湖南省に行き、橘子洲頭や毛沢東故居などの観光地を見学した。彤彤さんが両親から離れて地方を旅行したのはこれが初めてで、彼女は緊張し興奮した。
 
  湖南省に到着すると、彤彤さんは同級生とともに見学し、説明を聞き、本で学べない知識を多く学び、中国近代史への理解を深めた。さらに、毎日の日程の総括と計画でも観察力、思考力、分析力が鍛えられた。彤彤さんは、「遊学の全行程において、同級生の間に団体意識と助け合い精神が生まれた」と補足した。
 
  要するに、現代都市に生活する小・中学生は時代に恵まれていることは間違いない。彼らの成長環境は国家経済の急成長と合わさり、物質、文化、精神など各分野の資源が極めて豊富である。彼らの視野はますます広がり、入ってくる情報は多様化し、外部との連絡もより密接になり、世界に対する理解と認識はより全面的で深くなるに違いない。
 
  「中国網日本語版(チャイナネット)」 2019年5月29日

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号