中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 中国のインターネット普及率が約6割に 一番人気はショート動画

中国のインターネット普及率が約6割に 一番人気はショート動画

2019-03-08

  中国インターネット情報センター(CNNIC)がこのほど発表した統計によると、中国のネットユーザー数は8億人以上、インターネット普及率は6割近くにまで達している。そのうち、ショート動画のユーザー数が6000万人以上となっている。
 
  CNNICが最近発表した第43回「中国インターネット発展状況統計報告」によると、2018年12月の時点で、ネットユーザー数は8億2900万人で、新規ネットユーザーは5653万人、インターネット普及率は59.6%だった。また、スマホを使ったネットユーザーは8億1700万人で、新規ユーザーは6433万人だった。
 
  昨年12月の時点で、ネットユーザーのうち、スマホを使ったインターネット利用の割合は前年比1.1%増の98.6%、デスクトップパソコン、ノートパソコンを使ったインターネット利用はそれぞれ48.0%、35.9%、テレビを使ったインターネット利用は31.1%、タブレットPCを使ったインターネット利用は29.8%だった。
 
  スマホ、タブレットPC、ノートパソコンが、ネットユーザーの主なインターネット利用ツールとなっているが、モバイルインターネットに接続して、最も長い時間利用されているアプリは何なのだろうか?昨年、中国のネットユーザーのインターネット利用時間は1週間平均27.6時間。そのうち、ネットユーザーのインスタントメッセージ系アプリを使っている時間が最も長く、全体の15.6%を占めていた。2位から6位はそれぞれ、ネット動画12.8%、音楽8.6%、ショート動画8.2%、オーディオ7.9%、文学7.8%だった。
  (編集KN)
 
  「人民網日本語版」2019年3月8日
 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号