中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > アニメ「スポンジ・ボブ」の生みの親・ヒレンバーグさんがALSで死去

アニメ「スポンジ・ボブ」の生みの親・ヒレンバーグさんがALSで死去

2018-11-30

  中国でも人気のアニメ「スポンジ・ボブ」の生みの親・スティーヴン・ヒレンバーグさんが26日、死去した。享年57歳。ヒレンバーグさんは昨年、全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されたことを公表していて、病気の進行によって亡くなったという。中国新聞網が報じた。
 
「スポンジ・ボブ」は1999年から、米国の子供向け番組専門ケーブルテレビチャンネル「ニコロデオン」で放送されるようになって以降、エミー賞を2度受賞し、子供の視聴者の投票で選ばれる大賞などを受賞してきた。また、2004年には、「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」、06年には「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」として、2度映画化された。
 
  「スポンジ・ボブ」はその主役のスポンジ・ボブだけでなく、イカルド・テンタクルズやパトリック・スター、ユージーン・カーニといったサブキャラクターも米国のポップカルチャーの一つになるほどの人気を誇っている。(編集KN)
 
  「人民網日本語版」2018年11月28日
 
 
 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号