中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > AI特許出願件数、トップ3は中米日

AI特許出願件数、トップ3は中米日

2018-11-22

  中国特許保護協会はこのほど「人工知能技術特許深層分析報告書」を発表し、人工知能(AI)技術の世界及び中国における特許出願データを分析した。科技日報が伝えた。
 
  同報告書によると、中国は出願件数で有利だが、高品質・高価値特許では米国や日本よりいくらか遅れている。主要特許出願者を見ると、中国のトップは百度、米国のトップはIBMとなっている。
 
  Derwent World Patents Index(DWPI)のデータバンクによると、AI関連の特許出願件数は世界的に年々増加する傾向を示している。2010年以降に増加率が大幅に上昇し、近年も上昇を続けている。うち出願件数トップ3は、中国、米国、日本となっている。中国のAI関連特許出願件数は7万6876件にのぼる。米国は6万7276件でやや下回り2位で、日本は3位。
 
  主要特許出願者を見ると、IBMの出願件数が米国トップで、マイクロソフトやグーグルの倍近くにのぼる。中国は国内の企業や大学が大半で、海外企業による中国での特許出願件数は本国を下回る。中国での出願件数が最も多いのは百度で、2368件にのぼる。(編集YF)
 
  「人民網日本語版」2018年11月19日 
 
 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号