中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 小米が香港で上場 世界の科技IPOベスト3に

小米が香港で上場 世界の科技IPOベスト3に

2018-07-11

  小米集団は9日、香港証券取引所に株式を上場した。8日までに、小米の7千人を超える社員が株式またはオプションを支給されたという。「北京日報」が伝えた。

  2010年4月6日、北京中関村の銀谷ビルの狭い1室で、小米は営業を開始した。そして今、小米の新規株式上場(IPO)の公募価格は17香港ドル(1香港ドルは約14.1円)、上場時の時価総額は543億ドル(1ドルは約110.5円)に達し、世界の科学技術関連企業のIPOの上位3位以内に入った。
 
  数字をみると、17年の小米の営業収入は1146億元(1元は約16.7円)に達し、創業から7年で1千億元の大台を突破した。うちインターネットサービスによる収入が8.6%を占め、99億元という驚異的な規模に達し、今年第1四半期はさらに9.4%に上昇した。雷軍最高経営責任者(CO)は、「この数字により小米のネット事業の力が十分に証明された。ハードウェアとECがもたらすフローを収入と利益に転換させることができる」と胸を張る。
 
  小米の初期の投資家からみると、「このたびの上場が自分たちにも手厚いリターンをもたらす」ことになる。雷CEOによれば、「最も早くこのベンチャー企業に第1期投資として500万ドルを投資した人は、今になって866倍のリターンを手にすることになった」という。(編集KS)
 
「人民網日本語版」2018年7月9日
 
 
 

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号