中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 中国のドナー登録者数が42万人に

中国のドナー登録者数が42万人に

2018-05-11

   中国における臓器提供を希望する人(ドナー登録者)は5月4日現在で42万人に達した。このうち、臓器提供プラットフォーム「施予受」で登録した人は30万人以上となっている。人民日報が報じた。

   中国における臓器提供・移植件数は、2015年1月1日以降、年々増加している。今年3月28日の時点で、臓器提供数は1万6500件数に達し、世界第3位となった。だが、中国の臓器提供事業は、いまだに厳しい情勢にある。中国で臓器移植を待つ人は年間30万人を上回るが、移植を受けられる患者の数は極めて少ないのが現状となっている。

   「施予受」は、中国臓器移植発展基金会が運営・管理するオンラインのドナー希望者登録システムだ。同プラットフォームは2014年3月にオンラインとなり、2016年10月25日からは同基金会が管理を担当している。基金会による普及活動のおかげで、臓器提供を希望する人々は、より簡便にドナー登録ができるようになっている。(編集KM)

    「人民網日本語版」2018年5月7日

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号