中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > 2017年の中国・世界10大科技ニュース発表

2017年の中国・世界10大科技ニュース発表

2018-01-04

  中国科学院が1日に発表した情報によると、中国科学院と中国工程院の院士による投票で、2017年の中国及び世界の10大科学技術進展ニュースが選出された。選出されたニュースには量子通信や国産大型機、「天使粒子」、重力波などが名を連ねた。中国新聞網が伝えた。

  2017年の中国10大科学技術進展ニュースは以下の通り(順位順)。

  ・中国人科学者が化学物質を使い完全な酵母染色体を合成。
  ・国産水中グライダーの潜水深度が6329メートルで世界記録を更新。
  ・初期の古典的コンピューターを超える世界初の光量子コンピューターが誕生。
  ・国産大型機C919が初飛行。
  ・中国が海域でメタンハイドレートの試験掘削を初実施。
  ・中国の「人造太陽」装置、世界新記録を樹立。
  ・中国人科学者、従来の分類を超越する新型フェルミ粒子を初発見。
  ・量子通信が「理想の王国から現実の王国」に進出。
  ・中国科学院、高生産量稲の新型遺伝質を発表。
  ・中国の暗黒物質粒子探査衛星「悟空」が、暗黒物質の痕跡を発見か。

  両院院士は2017年の世界10大科学技術進展ニュースも選出。華人科学者による「天使粒子」の発見、重力波の研究の重要進展、中古ロケットの打ち上げと回収、3Dプリンターによる生育能力を持つ卵巣の生成、科学者による重力を利用した星の重量測定といった先進的なトピックが選ばれた。(編集YF)

  「人民網日本語版」2018年1月2日

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号