中文 English Francais 한국어

2016.09.02 金曜日

ホーム > 国内ニュース > ダブル11 高速鉄道の超ハイスピード宅配便が登場

ダブル11 高速鉄道の超ハイスピード宅配便が登場

2017-11-08

  中国鉄路総公司が6日に発表した情報によると、鉄道部門は11月11日から20日までの「ダブル11」(11月11月のネット通販イベント)期間に、京滬高速鉄道(北京-上海間)の「復興号」を利用した高速鉄道による超ハイスピード宅配便新サービス「極速達」を打ち出すことを決定した。国内最速の都市間宅配便サービスになる。説明によれば、鉄道によるハイスピード宅配便サービスには当日配達の「当日達」、翌朝配達の「次晨達」、翌日配達の「次日達」などがあり、こうしたサービスの持続的な展開を土台として、中鉄快運股フン有限公司(フンはにんべんに分)が国内の宅配便サービス企業に呼びかけ、「復興号」の優位性を生かして、京滬高速鉄道で初めて「極速達」を初めて打ち出し、注文から10時間での配達が実現することになった。現時点で都市間宅配便サービスとしては国内最速になる。「証券時報」が伝えた。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年11月7日

お問い合わせ

このウェブサイトの著作権は湖南省政府ホームページにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。

湘ICP备08102974号